カルテにおける電子のデメリットと紙の利点

病院の経営者にとってカルテというのは財産と言ってもいいほど大切な存在と言えます。このカルテには、患者さんの病名はもちろんのこと調剤された薬、既往歴など多数の情報が記入されています。また患者さんの住所や電話番号などの個人情報も記入されているわけです。そのためこのカルテの管理は、病院ごと厳重に保管することを義務付けられています。病院の規模や下院からの年数によりますがこのカルテの数は膨大なものになっていきます。そのため総合病院などをはじめ多くの病院でカルテを電子化にするところが増えてきています。電子によるカルテには当然メリットが多数ありますが紙媒体のカルテにも電子のカルテにはないメリットはあります。紙媒体から電子のカルテにするデメリットと合わせて細かい部分を考えて行きます。

電子のカルテにすることで生じるデメリットとは

カルテを電子化にするメリットは多数ありますが、紙媒体のカルテにも電子には無い多くのメリットがあります。当然電子化にしたほうが情報量は、多く保存できるのはもちろん総合病院となれば科目ごとで患者の情報を共有できるというのも大きなメリットと言えます。パソコン内で保存をすれば薬剤から会計まですべての情報を病院内で共有できるわけですからこの上ないメリットと言えます。ただ、そのようにすべてを紙媒体から電子化に変えることにより災害の時などの停電や電気系統のトラブル、パソコン自体のトラブルがあった際にすべての業務が停止してしまう可能性があるということです。クラウド上に保存されたデータはパソコンが動かなければ紙以下の媒体となってしまいます。紙のカルテでの保存はそういった面がクリアできるところが良い点です。

紙媒体のカルテには電子には無い魅力があります

電気系統のトラブルによりカルテの情報が、一切閲覧できなくなる可能性がある電子と違い紙媒体のカルテにはさまざまな魅力があります。まずは最初に述べたように、トラブルに対して柔軟に対応ができるという点です。火事など突発的ン災害などに見舞われない限り、紙媒体のカルテが紛失するということはめったにあることではありません。また患者さんの情報を急いで入力したいというときには、やはり手書きのほうが早く記入ができるというところです。パソコンに精通した先生なら良いですが年配の先生やパソコン自体に慣れていない方の場合、入力に多くの時間を費やしてしまう可能性があります。昔ながらのペンで記入であればサッと書き込むことが可能です。また知りたい情報もページをめくることですぐに目にすることができるメリットもあります。