人材派遣で就くことができる主な通信業界の業務

通信業界は特に派遣業務を行っている会社が多い業界です。自社製品を開発し、販売するにはそれなりのリスクが伴います。しかし、派遣業務であればそういったリスクを回避し、利益を得ることが出来ます。また、小規模の企業であっても社員を客先に常駐させることで、事務所スペース費用などを抑えた最小限のコストで利益を出すことが出来ます。こういった理由で、それまで大手通信企業の正社員として働いていた若い社員が独立し、通信技術者の人材派遣会社を起業するケースも多くなっています。通信業界は中小規模の企業が国内にたくさんあります。その多くが自社の社員を他の企業へ派遣する形態をとっています。プログラミングから設計、運用まで幅広い業務を請け負っている企業もあれば、プログラミング、ウェブデザインなどある特定の分野を専門としている企業もあります。

通信業界の技術者の派遣業務の特徴

通信業界における派遣契約と言うと、契約先は派遣元の企業でその人の肩書は派遣社員となる、いわゆる登録型派遣となります。しかし、通信技術者の派遣契約の場合は、派遣元の企業は正社員として雇用され、そこから派遣契約で派遣先の企業に勤務する、いわゆる乗用型派遣という形が一般的です。つまり、肩書は派遣社員ではなく正社員となります。登録型派遣のスタイルは、派遣先との契約がない期間は給与を支払われることはないですが、常用型派遣の場合は、派遣契約の有無に関わらず給与が支払われるのです。また、一般的な派遣会社の場合は未経験の初心者から熟練のベテランまで幅広い人材が、実際に派遣先の企業で働いています。しかし、派遣の通信技術者には、即戦力としての技術が求められます。そのため、新卒や未経験者の社員は自社でスキルを磨いてから派遣先へ行くか、先輩社員について安い単価で派遣先の業務にあたることになります。

通信技術者が派遣で働くメリット

通信業界で技術者が派遣契約で働くメリットは、様々な企業で色々な経験を積むことが出来る事です。正社員として勤めていると、どうしても使用している技術や手に入れることのできる知識、プロジェクトの進め方などが固定化されてしまい、スキルの幅が狭くなってしまいます。そういた点で派遣の技術者であれば色々な企業やプロジェクトに参加でき、新しい技術に触れることが出来たりと、多くの企業でたくさんの経験を積むことが出来ます。そして、技術を持つ人材としての知識やスキルの幅を広げることが出来ます。また、派遣であれば、有名企業や大企業で働くチャンスがあります。新卒時には採用されなかった企業であっても、派遣先で能力が求められればその企業から正社員としての雇用を打診されることも珍しくありません。中小企業の規模では参加することのできないイベントにも参加することが出来ます。