最先端電子カルテの驚きの機能とは

電子カルテとは、医師が患者さんの診療記録を今まで紙で行ってきたものを、電子化し情報の収集や管理をサーバーで一括に行うシステムです。カルテの情報をデータベース化する事によって、その患者さんがどの科にかかったとしても情報を共有できるので、とても便利になります。電子カルテというものは、大きく分けて2つあります。1つは、大きな総合病院に対応できる電子カルテと、2つめはいわゆる診療所のような町医者に対応できる電子カルテとあります。今では電子カルテもかなり一般的にはなってきておりますが、普及率はまだまだ低いです。総合病院のような大きなところだと、電子カルテの導入も進んでいて、紙カルテで運用しているところは少ないのではないでしょうか。電子カルテの良い所は、端末を持っていれば、どこにいても患者情報をデータベースから呼び出すことが可能です。

電子カルテの最大のメリットを教えます

電子カルテによる最大のメリットは、業務効率化向上です。例えば、受付で病院の診察券を受付機の所へ通すと、その日、予約された科の診察の予定や検査の予定が用紙で出てきて、それに沿って診察や検査を受けていくという手順になっているというのがあります。それは全て、医師が電子カルテにてその患者さんの診察や検査の予定を打ち込み、診察券に書かれた患者番号で管理されている為、受付業務の短縮にもなりますし患者さん自体の診察や検査の待ち時間の短縮にもなります。そして、医師達はこの電子カルテにより、ここで薬の注射などのオーダーもできるので、作業効率の向上化に繋がります。それと、見たい情報がリアルタイムで確認できるため、それだけ時間が短縮になり、業務効率向上に繋がります。そして、電子なので医師独特のくせ字で読めないという事があった紙カルテのような事はありません。

電子カルテのデメリットも説明します

先程は電子カルテのデメリットをお話ししましたが、こんな電子カルテにもデメリットがあります。電子カルテだと、今まで紙カルテに慣れ親しんだ人には覚えるまでがひと苦労です。また、電子なので、停電した際には全ての情報が見られなくなってしまいます。大きな病院だと予備電源があるので、切り替わった時には使用可能になりますが、全てを電子カルテに頼ってしまうとそういったトラブルの際に対応できなくなってしまうので、紙カルテも必要かもしれません。そして、電子カルテは導入費用がかなりかかります。そして、月々のランニングコストもかかりますので、そういった部分では電子カルテはデメリットかもしれません。この電子カルテはまだまだ普及率は低いですが、端末さえあれば院外でも情報は確認できます。それからの普及に期待したいです。