紙にはない電子のカルテ特有の魅力

以前まで病院のカルテは紙でした。最近は電子カルテが主流となり、多くの病院で導入が進んでいます。大病院はもちろんのこと、街の病院においても管理体制を簡略化でき、なおかつ場所や時間の制約がなくなることで期待が寄せられています。まず、紙のカルテでは保管場所の問題があります。受付スタッフが膨大な量の紙のカルテを管理することとなり、一人のカルテを探し出すのも大変な作業です。電子カルテでは検索機能を利用すれば簡単に必要な情報が見られ、大変便利です。情報の共有化においても電子カルテは重宝します。パソコン上での記録と保管が可能になるため、正確な情報を共有し、パソコンがあればどこからでも見ることができるようになります。診療内容や処方箋、患者さんの特徴や既往歴など、あらゆる情報を共有できることは大変便利です。

電子カルテ導入のすすめとおすすめポイントについて

電子カルテはさまざまなタイプがありますが、入力方法に負担を感じないよう、マウスのみで入力できるタイプや紙のカルテに近い画面構成での入力も可能で、慣れていない人でも簡単に操作できるようになっています。シンプルな入力項目で、入力ミスや読めないといったトラブルを避けられます。紙からの移行はとても大変な作業ですが、その先の管理や保管方法などを考えると電子カルテはスマートです。ただ慣れるまでに時間を要したり、パソコンのトラブルによる業務停止なども考えられます。システム導入前にはある程度の調査や練習が必要です。電子カルテ導入や運用を任せられる業者もたくさんあり、病院側の要望を取り入れたオリジナルの電子カルテも可能です。導入してから想定と違ったということを避けるためにも、メーカーや機種の選定は慎重に行いましょう。

最先端のクラウド電子カルテなら、手軽に導入可能

電子カルテの中でも最先端と言えるのが、クラウド電子カルテです。院内にサーバーを設置する必要がなく、インターネットを経由して外部サービスを利用できるため、メンテナンス不要で大変便利です。院内にパソコンに詳しい人やシステム運用に詳しい人がいなくても、安定したシステム利用ができ使いやすいです。また、コスト面においても、ハードウエアを導入するよりもうんと安く電子カルテが利用できるので、小さな診療所などにもおすすめです。インターネットにつながるパソコンやタブレットなどがあれば、誰でも簡単に電子カルテが利用でき、特別な知識がなくても使えるのは便利です。中には導入費用や月額使用料無料で導入できる電子ルテもあり、なかなか導入に踏み切れなかった病院もパソコンが苦手な方も、まずは手軽な無料ソフトから試してみると運用しやすいでしょう。