電子カルテへ移行することに反対する人の意見や主張

病院で、患者の症状を把握して記録しておくことに必要不可欠なものといえばカルテです。近年、ICT(情報通信技術)の普及に伴って、カルテも従来の紙のものから電子カルテに移行し、大学病院などの規模の大きい病院では、導入が進められてきています。特に、最近新規開業した医療機関のほとんどは、開業時に合わせて電子カルテのシステムを導入しています。一方で、長年続いている医療機関でクリニックなどの開業医の中には、電子カルテを導入していないところも多く、全体的に見ると、電子カルテの普及率はまだまだ低いというのが現状です。電子カルテにもメリットとデメリットがあり、紙カルテを好んで使用し続けている人も少なくありません。電子カルテと紙カルテには、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

電子カルテのメリットとデメリット

電子カルテは、システム管理されていることによって、いつでも簡単に患者のカルテを探し出して閲覧することができます。過去の細かい記録や、レントゲン画像にしてみても、検索機能を使うことで安易に確認することができます。紙カルテのように、誰かが持ち出して使用していると他の人は使うことができないといったこともありません。他の科とも連携が取りやすく、受付業務の負担も軽くなるのでスムーズな応対も可能です。もうひとつ大きいメリットは収納場所を取らないことで、最近では訪問診療にも電子カルテの技術を応用しているところが出てきています。一方デメリットは、電力に頼っている点です。もちろん停電になってしまうと使うことができませんし、導入する際の費用は毎月かかるコストも考えなければなりません。

紙カルテの特徴から考える電子カルテの必要性

紙カルテは、電子カルテに比べて管理費や運用費といったコストがかかりません。停電だけでなく、システムの不具合といった事態にも巻き込まれることはありません。過去の情報もページをめくれば電子カルテと相違ありません。大きな病院に比べると、クリニックなどでは、何人もの医師で連携して動くことも少ないので、電子カルテにするまででもないということも挙げられます。こういった点から、古くから開業医として活躍されている人の中には、わざわざ運用を変えてまで電子カルテにするメリットがないと考える方もおられます。ただし、紙カルテは電子カルテと違って収納場所が取られるので、日頃の整理と情報の漏洩に気を付けなければなりません。ですので、電子カルテと紙カルテのメリットとデメリットをふまえた上で両方を併用している医療機関もあります。